タイトル

TD-V Series
1984年のDD-VRシリーズ以降これといって目立った動きのなかったビクターが1987年に久しぶりに投入してきたデッキ。
それまでの良くも悪くもビクターらしい部分はバッサリと捨て去り、非常にオーソドックスにまとめたモデルである。

TD-V711(¥85,000)
ついにカセットドアが左側となり、初のデュアルキャプスタン・アモルファスヘッドと、新世代ビクターの幕開けを告げるモデル。
ビクタ ーらしいというか、非常に手堅く作ってある。
しかし安定感という点ではさすがであり、音も普通と言えば普通ではあるが、ソニーのようなドンシャリでもなくA&Dのようにか細くもなくバランスは良い。

TD-V931 ・録音ヘッド:センアロイ
・再生ヘッド:アモルファス
・消去ヘッド:センダスト
・パルスサーボDDモーター+DCモーター
・ワウフラッター0.022%
・ドルビーB/C

   

ボトムシャーシは銅メッキ。
シャフトによって最短で結ばれる録音ボリュームはディテント型である。

内部1
   
伝統のパルスサーボDDモーターによりビクター初のデュアルキャプスタン駆動となる。
   
底部には木製のソリッドベースが装着され、高剛性と振動対策がなされる。
   
メーターのデザインは931と同様。
ピークレベル表示もある。
   
ヘッドは録音センアロイ・再生アモルファスという構成。
本機が最後のセンアロイヘッド搭載機となった。
   
   

資料提供:igay様


→TOP