タイトル
KD-Axx Series
KD-A1桁シリーズの次のシリーズでA77/A66/A55/A33という構成となる。
ビクター初の3ヘッド機が登場したりするのだが、シリーズと呼ぶには若干違和感がある。
すなわち最上級機が7ナンバーであったり、77には搭載されていないB.E.Sチューニングが下位の66に搭載されたり、新シリーズというよりも1桁シリーズの補完の意味合いが濃いようにも思える。
新品での比較ではないので絶対そうだとは言えないのだが、なぜかKD-Aシリーズの中でA55/66が他に比べて音が良いのである。

KD-A55(¥59,800)
KD-A5のマイナーチェンジモデル。
定価はそのままに前後1曲の選曲機能MUSIC SCANをわざわ専用ヘッドを設けて搭載し、ワイヤードリモコンにも対応。
さらに上級機と同様にSuperANRSも搭載。
透過型バックライトの下向きメーターもカッコ良く、個人的には当時のゴッキュッパの中で最もバランスの取れたデッキだと思う。

KD-A5 ・録音再生ヘッド:センアロイ
・消去ヘッド:センアロイ
・電子制御DCモーター+DCモーター
・ワウフラッター0.04%
・ANRS+SuperANRS
・MUSIC SCAN

   
内部の感じはKD-A5とさほど変わりません。 内部
   
メカも特に変わりません。

メカ
   
録音再生/消去ヘッドはKD-A5と同じセンアロイヘッド。
キャプスタンと録再ヘッドの間にあるものがMUSIC SCAN用フェライトヘッド。
ゴッキュッパのデッキにわざわざ専用ヘッドを使うなんてビクターも太っ腹である。
ヘッド
   
このメーターがとにかく当時はチョ〜カッコ良かった。
下向きの透過型バックライトで傾斜しているのが絶妙でした。
メーター
   
カセットドアは前だけが開く普通のタイプに。
この辺はコストダウンでしょうか。
メカもKD-Axシリーズ以前の構造からエアーダンプとなったが、このほうが経年に強いようで今でもスムーズに開く。

→TOP