タイトル
KD-Axx Series
KD-A1桁シリーズの次のシリーズでA77/A66/A55/A33という構成となる。
ビクター初の3ヘッド機が登場したりするのだが、シリーズと呼ぶには若干違和感がある。
すなわち最上級機が7ナンバーであったり、77には搭載されていないB.E.Sチューニングが下位の66に搭載されたり、新シリーズというよりも1桁シリーズの補完の意味合いが濃いようにも思える。
新品での比較ではないので絶対そうだとは言えないのだが、なぜかKD-Aシリーズの中でA55/66が他に比べて音が良いのである。

KD-A33(¥49,800)
KD-A55の廉価モデル。
MUSIC SCAN・メモリー機能・カセット照明・出力ボリュームを省き、消去ヘッドがセンアロイからフェライトとなったもの。
ずいぶんと省略されているが、前作KD-A3が機械制御であったのに比べればフルロジックなので当時はお買い得だっただろう。
実は初めてコンポを買ってもらったとき、最初はパイオニアのシスコンの展示品にKD-A33を組み合わせて買おうかと思ったのだが、横幅が合わなかったのでラックにKD-A33が収まらず、結局ビクターのシスコンにKD-A5となったのである。
*このデッキはもともと部品取り用に買ってバラバラになったため詳しい写真はありません。

KD-A33 ・録音再生ヘッド:センアロイ
・消去ヘッド:フェライト
・電子制御DCモーター+DCモーター
・ワウフラッター0.04%
・ANRS+SuperANRS

メカ正面です(アイドラーの部品が外してあります)。
消去ヘッドが55とは違ってフェライトになっていますね。

   
ヘッドの取り付けられているプレートを外すとこんな感じ。 メカ
   
リールの内部構造です。 リール
   
大型のフライホイールはちゃんとバランス取りがしてあります。 フライホイール

→TOP