タイトル

KD-SA(II)Series
メタル対応デッキ登場直前のシリーズである。
実は似た型番を名乗るデッキは他にKD-75SA/KD-95SAという機種が存在する。
が、登場年代とデザインの流れからすると一世代前となるので、ここでいうKD-SAシリーズは第二世代というべきか。
シリーズ構成はKD-85SA/KD-65SA/KD-55SA/KD-25SAとなるが、85/65と55/25ではデザイン・質感にずいぶんと隔たりがある。
特に85/65はデザインもかなり近代的になってきており、消去ヘッドと回路さえ変更すればメタル対応化も可能なところまで来ていたように思う。

KD-85SA(¥99,800)
第二世代SAシリーズでの最上位モデル。
正立型としてはビクター初のICロジックコントロール機であろうか。
5点LEDによる5分割スペクトロピークメーターを搭載。
ビクターでは珍しい縦型のメーター、 丸型で大きい操作ボタンやフロントから飛び出し気味のカセット部など、なかなかメカニカルでカッコ良い。

KD-A5

・録音再生ヘッド:センアロイ
・消去ヘッド:フェライト
・FGサーボDCモーター+DCモーター
・ワウフラッター0.05%
・ANRS+SuperANRS
・スペクトロ・ピーク・メーター
・REC EQ


   
内部はそれぞれ独立した基板によって構成されている。 内部
   
モーターの配置やフライホイールなど、メカは95SAのものをICロジックコントロール化したような感じである。 メカ
   
65SAにも継承される5点LEDによる5分割スペクトロピークメーターを搭載。
メーター部
   
録音再生ヘッドは当然ながらセンアロイヘッドで、 消去ヘッドはフェライト。 ヘッド
 
おまけです。
ヘッドをセンアロイからX-cutセンアロイ化。
メーターユニットをKD-65SAの透過型バックライトのものに交換しました。

→TOP