タイトル

KD-SA(II)Series
メタル対応デッキ登場直前のシリーズである。
実は似た型番を名乗るデッキは他にKD-75SA/KD-95SAという機種が存在する。
が、登場年代とデザインの流れからすると一世代前となるので、ここでいうKD-SAシリーズは第二世代というべきか。
シリーズ構成はKD-85SA/KD-65SA/KD-55SA/KD-25SAとなるが、85/65と55/25ではデザイン・質感にずいぶんと隔たりがある。
特に85/65はデザインもかなり近代的になってきており、消去ヘッドと回路さえ変更すればメタル対応化も可能なところまで来ていたように思う。

KD-65SA(¥75,800)
シリーズでは上から2番目のモデル。
最上級機である85SAと同様に5分割スペクトロピークメーターを搭載する。
85SAより後発であるためか、85SAにも搭載されていないX-cutセンアロイヘッドを初めて搭載している。
また、メーターもシリーズ唯一の透過型バックライトとなっており、まもなく登場するメタル対応機KD-A6への布石とも取れる部分が見受けられる。
KD-A5 ・録音再生ヘッド:X-cutセンアロイ
・消去ヘッド:フェライト
・FGサーボDCモーター
・ワウフラッター0.05%
・ANRS+SuperANRS
・スペクトロ・ピーク・メーター

   
KD-25SAと比べるとフレームもちゃんと金属で、上カバーももっとしっかりしたものになっている。 内部
   
メカは基本的の下位の25SAと同じようだが、モーターはFGサーボモーターである。
大きなフライホイールが時代を感じさせる。
メカ
   
85SAのものと同じ5点LEDによる5分割スペクトロピークメーター。
VUメーターはシリーズ唯一の透過型バックライトである。
メーター
   
SuperANRSチップ。
ANRS自体は少なくとも1973年頃の水平型デッキには搭載されていたようで、SuperANRSは1976年頃であろうか。
ANRS
   
65SAで初めて、低域特性を改善するX-cutセンアロイヘッドが搭載された。
消去用ヘッドはフェライト。
ヘッド

→TOP