タイトル

KD-SA(II)Series
メタル対応デッキ登場直前のシリーズである。
実は似た型番を名乗るデッキは他にKD-75SA/KD-95SAという機種が存在する。
が、登場年代とデザインの流れからすると一世代前となるので、ここでいうKD-SAシリーズは第二世代というべきか。
シリーズ構成はKD-85SA/KD-65SA/KD-55SA/KD-25SAとなるが、85/65と55/25ではデザイン・質感にずいぶんと隔たりがある。
特に85/65はデザインもかなり近代的になってきており、消去ヘッドと回路さえ変更すればメタル対応化も可能なところまで来ていたように思う。

KD-25SA(¥51,800)
シリーズ最下位モデル。
ここで紹介しているデッキの中でも2ナンバーだけあって最も貧相なデッキである。
それでもカセット照明や5点ピークLEDはちゃんと付いているし、音も他のシリーズに劣ることはない。
KD-25SA ・録音再生ヘッド:センアロイ
・消去ヘッド:フェライト
・DCモーター
・ワウフラッター0.06%
・ANRS

シャーシはプラスチック。
本体のカバーはペナペナと、安っぽさ全開である。
内部
   

わかりますか?
底板が見えるのですが、そこにはブロック図の紙が貼ってあります。

内部
   
メカはそれまでの水平型系から脱却した第二世代メカ。
アイドラはキャプスタンモーターから同軸で駆動するのではないようで、フライホイール経由のようである。
メカ
   
ANRSのチップ。 ANRS
   
センアロイヘッドであることが唯一このデッキでコストがかかっているところか。 ヘッド

→TOP