タイトル

DD-xx Series
DD-xシリーズの次となる99/88/77/66のシリーズ。
全機種3ヘッドとなるが、77/66はセンアロイではなくSE(スーパー・エクセレンス)ヘッドとなる。
この頃のビクターの廉価機種にはセンアロイではなくメタパーム(ハードパーマロイ?)というヘッドが使われているが違いは不明。
またNRはANRS+DOLBY-Cとなり、SuperANRSが姿を消した。
66(¥69,800)が最下位機種となることからDD-5まで続いたゴッキュッパも消滅。

DD-88(¥99,800)
DD-99からクオーツロックとB.E.Sチューニングシステムを省いたような仕様。
前モデルともいえるDD-7より1万円アップでMUSIC SCANとデジタルカウンターは付いたものの、クオーツロックではなくなったので走行系はグレードダウン。
DD-99
写真提供:SX-3III様
・録音ヘッド:センアロイ
・再生ヘッド:X-cutセンアロイ
・消去ヘッド:フェライト
・パルスサーボDDモーター+DCモーター
・ワウフラッター0.021%
・ANRS+DOLBY-C

内部はB.E.Sシステムの基板がない分DD-99よりシンプル
   
クオーツロックでない以外、メカは基本的に同じであろう
   
カウンターはDD-7とは違ってデジタルにグレードアップ
先代シリーズと違うのは全機種に前後1曲のMUSIC SCANが搭載されているところか
   

消去ヘッドはSAからフェライトにダウンされている

   

→TOP