タイトル

DD-x Series
新時代である80年代を迎えてすべてが一新された新シリーズ。
それまでのオーソドックスなデザインから未来的なデザインとなり、フラット感のあるパネルデザインとやや中央寄りとなったカセットドアのバランスがこれまた絶妙で、初めてDD-9を見たときはなんて美しいのだろうと感動した。
メカも一新されて全機種にパルスサーボDDキャプスタンモーターを搭載。
ワウフラッターの数値だけなら次のDD2桁シリーズとともにビクター史上最高。
まさにビクターのカセットデッキ史に輝くシリーズである。

DD-10(¥145,000)
DD-9のノイズリダクションをANRS+SuperANRSではなく、ANRS/Dolby-B+Dolby-Cとしたモデルで、ビクターのカセットデッキの中でも最も高価格である。
もともと海外向けのDD-9はANRS/Dolby-B+Dolby-Cなので、これをツートンカラーにして国内向けに販売したものと思われる。
KD-A5 ・録音ヘッド:センアロイ
・再生ヘッド:X-cutセンアロイ
・消去ヘッド:センアロイ
・クオーツロック・パルスサーボDDモーター+DCモーター
・ワウフラッター0.019%
・ANRS/Dolby-B+Dolby-C
・B.E.Sチューニングシステム

   
基本的にはDD-9と同じであるが、トランス横の電源基板が独立している。 内部
   
このモデルを最後にSuperANRSが姿を消し、ついにDolbyが搭載されることになる。 メカ
   

この個体のヘッドは交換されている。
本来再生側はX-cutセンアロイのはずだが、どうもフェライトのようだ。
この構成から、オートリバースのDD-V9用のヘッドを流用したものと思われる。

カウンター

→TOP